登記手続、その他

登記手続、その他の業務

司法書士・行政書士業務として、主に次のような業務を行っています。

これ以外にも行っている業務がありますので、お気軽にお問合せください

不動産登記

不動産登記は、不動産に関する権利関係を明らかにする制度で、法務局に備え付けている不動産登記簿(登記事項証明書)に記載(登記)することで、不動産に関する権利を保護しています。

次のような場合には登記をする必要があります。お気軽にお問合せください。

・土地や建物を売買、贈与したとき

・住宅を新築したとき

・金融機関で住宅ローンを組むとき、住宅ローンの借換えをするとき

・住宅ローンの借入れを完済したとき

 

マイホームを建築された方・建築中の方へ

マイホームを建築された方は、土地家屋調査士による建物表題登記、司法書士による所有権保存登記及び抵当権設定登記を行う必要があります。

当事務所では、提携土地家屋調査士とワンストップで登記手続を行います。

マイホームを建築された方・建築中の方は、お気軽にお問合せください。

親から資金の生前贈与を受けて不動産を購入する場合の税金について】

マイホームを購入される場合、親から購入資金の贈与を受けて購入される方もいらっしゃると思います。その場合の税金に関する留意点について記載していますので、ご参考にしてください。

マイホーム購入・登記完了後の手続

マイホームを購入し、登記手続が完了した後、お客様にしていただく必要のある手続についてご説明します。ご参考にしてください。

【不動産登記簿・公図・各種図面の見方】

法務局で不動産に関する情報を調べる際に参考になる情報を記載しています。

専門的な内容も少し入れましたので、一般の人にはあまり馴染みがなく分かりにくいところがあるかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

会社・法人登記

会社・法人登記は、会社・法人についての一定の重要な事項を法務局に登録(登記)して、公示する制度です。

法務局に登録(登記)している内容が変更した場合には登記が義務付けられており、一定の期間内に登記をしなかった場合には、100万円以下の過料に処せられます。

次のような場合には登記をする必要があります。お気軽にお問合せください。

・取締役・監査役を変更(選任、辞任など)するとき

・事業目的を追加または変更するとき

・会社名を変更するとき

・会社の本店(住所)を変更するとき

・資本金を増加または減少するとき

・事業を廃止して、会社を解散するとき

農地転用

農地を農地以外のものに転用する場合、農地を売買する場合には、農業委員会の許可・届出が必要です。

次のような場合には農業委員会の許可・届出をする必要があります。お気軽にお問合せください。 

・農地購入して家を建てようとするとき

・親が所有する農地を宅地に変更して家を建てようとするとき

書類作成

行政書士業務として、各種契約書、相続時の遺産分割協議書等の作成業務についても取り扱っております。お気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
089-909-9067
受付時間
9:00~18:30
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

089-909-9067

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/03/19
お役立ち情報のページを更新しました。
2022/01/23
お役立ち情報のページを更新しました。
2021/12/09
お役立ち情報のページを更新しました。

菊池司法書士・行政書士事務所

住所

〒790-0923
愛媛県松山市
北久米町1103番地6

アクセス

駐車場:あり

受付時間

9:00~18:30
(時間外も可能な限り対応いたします。ご連絡ください。)

定休日

土曜・日曜・祝日
(定休日についても、事前にご連絡いただきましたら対応いたします。)